Ex-Situ GC Measuring System

製膜業界では、製膜した製品の技術特性だけが品質保証 (QA) にとって重要であるわけではありません。短い立上げ時間とすばやい故障検出も製膜コストを抑えるために不可欠です。したがってインライン測定システムが広く使用されています。コーター内部にはin-situ測定システム、コーター外部の測定用にはex-situシステムがあります。

VON ARDENNE Ex-Situ GC測定システムは、太陽光電池アプリケーション用の機能製膜、光学製膜、低放射 (low-E) コーティングのようなガラス上への製膜の品質保証および品質監視向けに設計されています。本システムは光学特性評価とシート抵抗率測定にも適しています。

Ex-situ測定システムは、抵抗率、透過率、シート抵抗率など全層スタックの特性、そして色やその他の品質パラメータも測定します。

Low-E製膜ガラス用の最新のVON ARDENNE Ex-Situ測定システムにできるのは製膜ガラス板の光学測定だけではありません。現在生産のガラス板から生じた2重または3重の断熱ガラスユニットの外観(技術パラメータ、放射率、U値、G値)を予測できます。

Exsitu GC測定システム [PDF]
テクノロジーコンピテンス
Production/Internet/Live