MSC1250 Multipurpose

金属箔製膜システム

VON ARDENNE MSC1250は、物理蒸着法 (PVD) を使用した、金属箔上への多目的薄膜製膜用生産システムです。モジュール式プラットフォームをベースにしています。エア・ツー・エア方式を採用しているので、外部のコイラおよびハンドリング装置を用いた連続処理が可能です。

MSC1250には前処理や製膜用の多様なコンポーネントを装備できます。様々なPVD処理によって複層の金属や酸化物を蒸着することで、複雑で高機能の層スタックを形成できます。

概要

用途: automotive, construction industry, CSP Concentrated Solar Power, decorative coatings, LED lighting, lighting industries, solar thermal systems

基板形状: flexible

基板材料: aluminum, copper, stainless steel, steel

製膜技術: electron beam technology, magnetron sputtering up, thermal evaporation

機能: absorption, corrosion protection, decoration, reflection

成膜層および層構造: Ag, Al, Cr, CrN, CrO, Cu, Mg, SiN, SiOx, Solar Control, Ti, TiNx, TiOC, TiOx, Zn

対応コンポーネント & システム:
Electron Beam Components
Sputter Components
Pre-Treatment
Measurement & Software


該当装置

Production/Internet/Live